TemasekとSBIがインドのOla Electricに3億8,440万ドルを投資

Image Credits: Ola Electric

TemasekとSBIがインドのOla Electricに3億8,440万ドルを投資

uniqorns編集チーム 2023.10.26

Ola Electricは、約2億4,000万ドルの債務を含む資金調達ラウンドで3億8,443万ドルを調達したと発表した。この新たな資金調達により、バンガロールに本拠地を置くこの電気自動車スタートアップの評価額は約54億ドルに達したと、関係者の話として報じられている。

Ola ElectricはライドヘイリングスタートアップOlaとは無関係だが、多くの投資家の不満を抱えながらもリソースを共有し続けているとされるという。Ola ElectricとOlaは共通のコミュニケーションチームを持っていますが、コメントの要請には応じていない。

シンガポールの主権財産基金Temasekが資金調達ラウンドをリードし、インド政府支援の銀行であるState Bank of Indiaが債務をバックアップしたと、このスタートアップは声明で述べている。

Ola Electricは、最近、旗艦モデルであるS1電動スクーターの低価格モデルとアップグレード版をいくつか発売し、業界データによれば、EVスクーター市場で30%以上のシェアを持っている。

Ola Electricは、3億3,000万ドルの収益に対して、前年度の財務年度に130万ドル以上の損失を出したが、この資金を使ってEV事業の拡大を行い、南部のタミルナドゥ州クリシュナギリに「インド初のリチウムイオン電池製造施設」を設立すると述べている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら