Temasek所属のTrue Lightが33億ドルを調達し、中国大陸への投資を強化

image credit:True Light

Temasek所属のTrue Lightが33億ドルを調達し、中国大陸への投資を強化

uniqorns編集チーム 2023.09.28

True Light Capitalは、Temasekの完全子会社であるTrue Lightが、創業初の旗艦ファンドのために33億ドルを調達したことを発表した。
True Light Fund Iと呼ばれるこのファンドは、主権国家基金、財団、金融機関、ファミリーオフィスなど、グローバルな投資家からの資本コミットメントを受けている。

True Lightは、中国の構造的なトレンドに関連する投資機会を提供し、Temasekの範囲を広げるために設立されたものである。Temasekの副CEOであり、True Lightの会長でもあるSong Hwee Chiaは、これについてコメントしている。

このファンドは、通常は中国本土、香港、マカオ、台湾を含む、Greater Chinaとの重要なビジネス関係を持つ機会にTemasekと連携して投資を行う。

True Light Fund Iは、民間および公的な株式、および民間エクイティおよびベンチャーファンドを介して間接的に投資を行う。このファンドは、マルチセクターのアプローチを取り、あらゆるステージのスタートアップに投資することが可能である。

Chiaは、T2030戦略の一環として、Temasekはパートナーシップを拡大し、長期的で安定した収益を生み出せる領域に資本を投下することを目指していると述べている。
声明によれば、このファンドはデジタル化、長寿命化、持続可能な生活、および将来の消費に関連する4つの長期的な構造的トレンドと一致している。
中国では、これらのトレンドがデジタルトランスフォーメーション、治療とバイオテック、脱炭素化、新しい消費製品やサービスなどの分野でイノベーションを促進している。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら