TikTok、GoToのインドネシアEコマース事業Tokopediaに15億ドル投資へ

Image Credits:Tokopedia

TikTok、GoToのインドネシアEコマース事業Tokopediaに15億ドル投資へ

uniqorns編集チーム 2023.12.11

ByteDanceのTikTokは、東南アジア最大の電子商取引市場であるインドネシアでのビジネスを拡大したいと考えている。規制当局の障害に直面した後、新しい経路を見つけた。

TikTokは、新たな合弁事業に15億ドルを投じる。これにより、インドネシアのテックジャイアントGoToの電子商取引部門であるTokopediaと、TikTokのインドネシアの電子商取引ビジネスであるTikTok Shop Indonesiaが統合される。TikTokは新しいエンティティで75.01%の支配的な株式を持つ。

15億ドルは一括投資ではなく、「時間をかけて」合弁事業に投資される予定である。最初に、TikTokは自身の株式を取得するために8億4000万ドルを支払う予定である。GoToの株式はJVによって24.99%となり、これは不変のままである。

この合弁事業の所有構造は重要である。この取引は、TikTok Shop Indonesiaが完全所有していたTikTok Shop Indonesiaのビジネスが、新しい規制によりオンラインショッピングを提供できなくなったことを受けて成立した。約2ヶ月前、ジャカルタはソーシャルメディアプラットフォーム上のオンライン購入に直接支払いを禁止し、地元の小規模な小売業者とユーザーのデータを保護した。TikTokは新しいルールに準拠するため、10月4日に電子商取引サービスを一時停止することになった。

この取引にはいくつかの要素がある。まず、Tokopediaは今年の第4四半期にTikTok Shop Indonesiaのビジネスを3億4000万ドルで買収する。次に、TikTokは新しいエンティティを通じてTokopediaの大部分の株式を8億4000万ドルで取得する。さらに、特定の期間にわたって最大15億ドルの追加投資が行われ、JVの拡大が計画されている。

ここでは、予測される評価と規制問題により影響を受けた評価がいくつか存在する。GoToは、TikTok Shop Indonesiaが「2023年第4四半期の現行環境下でのTikTok Shop Indonesiaビジネスの過去を反映した評価」であると指摘している。これは統合エンティティの将来の可能性を反映していない。

この取引は2024年第1四半期に完了する予定である。
今回の取引は、TikTokが小規模ビジネスの規制によりインドネシアでのビジネス展開を阻まれた結果である。

インドネシアは東南アジアの電子商取引市場において非常に重要な存在感を持っている。昨年の価値は約500億ドルから600億ドルと推定され、地域全体で生成された収益の約2/3に相当する。

その多くの電子商取引収益は、マーケットプレイスで販売する中小企業から生み出されている。TikTokとGoToはこの事実を十分に認識しており、それを尊重するために積極的に取り組んでいる。両社は「合弁事業のおよそ90%以上のビジネスが中小企業であり、両社は彼らをサポートするための一連の共同イニシアチブを実施する」と述べている。

しかし重要なのは、TikTokが彼らと協力する際には、インドネシアのパートナーが必要であると認識したことである。

ByteDance傘下のショートビデオアプリのTikTok Shop Indonesiaは、2021年にローンチされ、10月時点でインドネシアで約1億600万人のユーザーを抱えており、アメリカに次ぐ2番目の市場である。インドネシアはアジアで3番目に大きな市場であり、アクティブなソーシャルメディアユーザー数は1億6700万人であり、総人口の60.4%がこれらのプラットフォームを使用している。

両社は共同声明で、「TikTok、Tokopedia、GoToはインドネシアの電子商取引セクターを変革し、次の5年間で数百万の新しい雇用機会を創出する」と述べている。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら