TractableがAIを活用した自動車や不動産の評価のためにSoftBankを中心にシリーズEで6,500万ドルを調達

Image Credits: Tractable

TractableがAIを活用した自動車や不動産の評価のためにSoftBankを中心にシリーズEで6,500万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.07.18

多くの産業におけるビジネス運営の変革に対して、人工知能は多大なる可能性を秘めている。今日、AI、特にコンピュータビジョンを保険業界への適用で先駆けとなってきたスタートアップが、ビジネスの拡大を続けるための成長資金調達を発表した。Tractableは、自動車や不動産の損害を遠隔評価するためのコンピュータビジョンおよび関連AIを構築しており、新たに6,500万ドルを調達した。

今回のラウンドはシリーズEで、SoftBank Vision Fund 2がリードし、以前の出資者であるInsight PartnersやGeorgianも参加した。

Tractableは、現在、自社プラットフォームを通じて年間約70億ドルの請求を処理し、Aviva、Geico、Admiralなどの保険大手とパートナーシップを結んでいる。これらの資金を使って、既存のビジネスを継続的に成長させるだけでなく、日本という自社最大の市場への投資を深め、AIの最新の進歩をさらに取り入れ、保険評価から修理、保守、アイテムの販売へとサービスを拡大する予定だ。

「視覚的なAIの突破が、ユーザーがAIの改善領域を指摘したときにAIのフィードバックループを加速させる合成視覚データを生成することを可能にします」とCEOで創設者のAlex Dalyac氏はメールでのインタビューで述べた。「大規模な言語モデル、会話型AI、マルチモーダルAIの突破が、あなたの車と家を評価するだけでなく、修理、保護、または販売する最善の方法を提案する専門的なAIの可能性を開きます」。

また、彼は自然災害からの回復のための不動産評価が「日本で大いに広がっている」と付け加えた。この年の10倍の年間ボリューム成長が予想され、自動車アフターマーケットの垂直部門でもパンデミック回復による労働力と部品の不足により、部品ディストリビューターや修理業者がTractableを使ってプロセスを加速させるための10倍の年間ボリューム成長が予想されている。

Tractableはまた、カスタマーサービスや一般的な管理タスクにもAIを適用している。これは、全体としてのビジネスにおける自動化のパワーを更に強化している。特に、スタートアップは、AIが問題を解決し、労働力を解放し、より高価なタスクに焦点を当てることができると述べている。

TractableのAIは、損害の見積もりを提供するために、写真を使用して車両や不動産の損害を評価する。これは、伝統的な方法と比較して時間を大幅に節約し、更には評価の精度を向上させる。同社はまた、このプロセスを利用して、保険請求のための詳細な修理見積もりを作成する。

具体的には、車のダメージを評価するためのAIは、写真の中の車両を識別し、ダメージのある箇所を特定し、その箇所がどれだけの修理費用と時間がかかるかを評価する。不動産の場合、AIは写真を使用して損害を評価し、修理の必要性と費用を決定する。

これは、自動車保険業界における既存の手続きを大幅に改善するものである。このプロセスは、通常、人間の調査員が物理的に現場を訪れ、損害を評価し、見積もりを作成するというものである。Tractableのシステムは、このプロセスを自動化し、効率を大幅に向上させ、結果として保険請求の処理時間を大幅に短縮することができる。

不動産においても、このAIシステムは同様の利点を提供する。特に、自然災害などの大規模なイベントの後には、評価の需要が大幅に増加し、人間の調査員の能力を超える可能性がある。TractableのAIは、これらの状況を効率的に処理する能力を提供し、修理が迅速に開始され、影響を受けた個人とビジネスが通常の生活に戻ることを可能にする。




Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら