Twelve Belowが2つの新規ファンドで1億800万ドルを確保

Image Credits:Twelve Below

Twelve Belowが2つの新規ファンドで1億800万ドルを確保

uniqorns編集チーム 2023.11.21

ニューヨーク拠点のベンチャーキャピタル企業、Twelve Belowが1億800万ドルの資金調達を終了した。

Taylor GreeneとByron Lingは、2021年にCollaborative FundとLerer Hippeauでの前職を持ち、Greene氏はCanaanとPrimary Venture Partners、Ling氏はCanaanとPrimary Venture Partnersでの前職を持ち、Twelve Belowを立ち上げた。しかし、彼らは10年以上にわたり、Mirror、Papa、K Healthへの投資を含む取引に取り組んできた。

Twelve Belowは、ファンドからの主要な投資において10%から15%の所有権を獲得することを目指し、プリシードおよびシードの資金調達をリードまたは共同リードしている。同社は、フィンテック、ヘルスケア、エネルギー、SMB、および消費者向けセクターのニューヨーク市を拠点とするスタートアップに投資している。

同社の最初のファンドは5,000万ドルで、ポートフォリオにはAccrue Savings、Odyssey Energy、Croissant、Campus、Trueholdなどが含まれている。Greene氏とLing氏は、ポートフォリオの60%以上が既に後続の資金調達を行っていると自負している。

Greene氏とLing氏は、彼らの重要な差別化要素は信頼に焦点を当てていると述べている。また、彼らにはプラットフォームチームがないため、創業者自身が直接彼らと協力している。

新たな資金は、2つの新ファンドに分散されている。第2のアーリーステージファンドには8,000万ドル、オポチュニティファンドには2,800万ドルが充てられ、同社の総資産は1億6,000万ドルとなる。同社は、大学の基金、機関投資家向けのファンド、大規模な家族オフィスなどからの支援を受けている。

最初のファンドで21社に投資し、2番目のファンドでは25社、オポチュニティファンドでは5〜8社に投資する予定である。まだ2番目のファンドからの投資は行っていないが、来年初めに行う予定である。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら