Virtuleap、VRとAIを脳の健康に活用するため250万ドルを調達

Image Credits:Virtuleap

Virtuleap、VRとAIを脳の健康に活用するため250万ドルを調達

uniqorns編集チーム 2023.12.16

Virtuleapは、Enhance VRという製品で仮想現実とAIを利用して脳の健康を向上させるために250万ドルを調達した。

ヘルステックとエドテックに特化したスタートアップであるVirtuleapには、GED Ventures Portugalが投資した。Virtuleapは、記憶、注意力、運動制御スキル、空間認識などのさまざまな認知能力を評価および向上させるために使用できる仮想現実ゲームのコレクションを開発した。

会社は、データを単一のプラットフォームで収集することにより、脳の健康スクリーニングとプロファイリングのための重要な臨床的な知見を提供できると述べている。神経科学者たちは、これらの短くて集中的で楽しいゲームを開発し、それらは人工知能学習ツールを用いて解析される。

Virtuleapの開発したEnhance VRプログラムは、誰でも利用できる「脳のジム」を提供することを目指しており、将来的にはADHDなどの学習課題や他の認知障害の治療法となる可能性がある。演習は、記憶、注意力、情報処理、メンタルフレキシビリティ、問題解決、運動制御、空間認識の7つの認知カテゴリに分けられている。

会社はまた、Cogniclear VRという新製品の開発も進めており、2024年に発売する予定である。これは仮想現実を利用した認知スクリーニングツールであり、Lusíadas SaúdeやRoche Portugalなどのパートナーと共同で設計されており、認知障害などの認知疾患に早期介入するための感度を高めることが期待されている。

会社は、心理測定、身体的データ、生理学的データ(3分ごとに250,000以上のデータポイント)のボリューメトリックデータセットを使用してAI学習アルゴリズムを作成し、認知パフォーマンスとメンタルヘルスを関連付ける可能性があるとしている。

GED Ventures Portugalがこの投資ラウンドをリードし、Tech4Purposeへの取り組みを強化している。

GEDは、ヨーロッパ、アメリカ合衆国、南アメリカで独立した国際的な金融グループである。現在、ベンチャー、プライベートエクイティ、およびインフラストラクチャのエリアで10億ユーロ以上の資産を運用している。

Virtuleapの主力製品であるEnhance VRは、マーケティングの努力なしに60,000人以上の早期登録ユーザーを獲得している。そのグローバルな普及は、主要なVRアプリストアでの利用可能性と、英語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、中国語の5つの言語への翻訳によって明らかである。会社は、2024年第1四半期までにドイツ語、フランス語、オランダ語の追加を予定している。

会社は、4つの論文を発表しており、そのうちの1つは有望なパイロットスタディを紹介している。この研究では、ADHDを持つ学生の処理速度を向上させる能力が示されている。

また、Penumbra、HP、BehaVRなどの企業との商業契約(パイロット、ライセンス、開発支援のミックス)で180万ドルを確保しており、革新的なテクノロジーへの業界の需要を裏付けている。
同社はRocheとの協力により、画期的なツールであるCogniclear VRを開発している。このツールは、早期の認知疾患の検出に革新をもたらすことが期待されており、現行の解決策を速度と精度の面で凌駕する可能性がある。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら