Zubale、ラテンアメリカにおける小売業者のEコマース拡大を支援するソフトウェアに新たな資本を獲得

Image Credits:Zubale

Zubale、ラテンアメリカにおける小売業者のEコマース拡大を支援するソフトウェアに新たな資本を獲得

uniqorns編集チーム 2023.11.30

メキシコに拠点を置くZubaleは、小売業者がデジタルチャネルを拡大するためのツールを提供する企業である。共同創業者兼CEOのSebastian Monroyは、この資金調達ラウンドを「シリーズAエクステンションラウンド」と呼んでいる。この投資はQED Investorsがリードし、NFXとKevin Efrusyを含む投資家グループも参加した。

Zubaleは、ラテンアメリカ全域でオンライン購入者の増加に伴い、小売業者のeコマース注文の履行に焦点を当て、2022年に4,000万ドルのシリーズAラウンドを閉じた際に最後に取り上げられた。ラテンアメリカのeコマースの普及は米国などの国に比べて遅れているが、ラテンアメリカのオンラインショッパーの数は20%増加する見込みであり、収益も次の4年間で3000億ドル以上に倍増するとStatistaによって予測されている。

新たな資金を調達したZubaleは、独立した労働者がそのマーケットプレイスを利用する際の組み込み金融商品を導入する予定である。Zubaleは独立した労働者のネットワークを活用し、商品のピッキング、梱包、配送を行っている。シリーズAを確保した後、Zubaleはメキシコ、コロンビア、コスタリカ、ペルーで3つの大規模小売業者と数万人のギグワーカーがそのマーケットプレイスを利用していた。また、Monroy氏はブラジルに移り、そこでの事業展開を開始した。

19ヶ月後、Zubaleはブラジルとチリを新たな市場として追加し、Carrefour、Walmart、Cencosud、Chedrauiなどを含む115以上のクライアントと提携している。プラットフォーム上の10万人以上のフリーランサーが3,000万以上のタスクを完了した。また、会社の純収益は年々3倍以上に増加した。

Zubaleは、その主力のフリーランサーマーケットプレイス製品であるFlexiFleetに加えて、WhatsAppを使用した顧客のショッピング体験を向上させるConsumer Connectと、ピッキング、梱包、配送などのeコマース業務の生産性を向上させるためのエンドツーエンドのモジュラーソフトウェアであるFulfillment Optimizerという2つのソリューションを提供している。

これらの製品は、小売業者のEBITDAを向上させるだけでなく、顧客満足度スコアを20ポイント以上向上させることができる。

この新たな投資により、Zubaleの総資金調達額は7,300万ドルになる。この資金は、3つの製品の成長、新たな提供や戦略の開発、メキシコとブラジルでの存在感を強化するために活用される。例えば、ブラジルでは、同社はトップ市場の小売業者10以上と契約を結んでいる。

Uniqorns NEWS

最新のスタートアップニュースをお届けします

登録はこちら